屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 掲示板-cafe縄文じいさん サイトマップ/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 更新履歴/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん お知らせ/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん うえだまさのぶ(画家)プロフィール/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 屋久島の壁紙/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん リンク集/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 縄文じいさんグッズ/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 原画展/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 縄文じいさんの屋久島日記 トップページへ戻る/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん ギャラリー(絵画、イラスト)/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)
 
 

屋久島観光情報(アクセス)



メニュー

屋久島へのお誘い  屋久島ってこんなところ  屋久島ってどこにあるの?

屋久島までの交通機関 屋久島に到着してからの交通手段


☆屋久島へのお誘い

日本人なら一度は富士山に登った方がいいでしょう。
同じく日本人なら一度は屋久島にも訪れた方がいいでしょう。
最近増えたとは言え、なんてったって世界遺産ですから。
(^-^)

「宇宙に浮かぶ島」屋久島に是非お越し下さい。

屋久島






ページトップへ

☆屋久島ってこんなところ

屋久島は、周囲132kmのほぼ円形の形をした島で、中央部は九州最高峰の宮之浦岳(1936m)をはじめ、永田岳・黒味岳など標高1800mを超える山々が連なっていることから『洋上アルプス』とも呼ばれています。
九州地方の高い山の上位5位(だったかな?ちゃんと調べておきます。)までは、すべて屋久島にあります。
亜熱帯亜地域に位置しながら高い山々があることで、日本の南から北の植物生態系を里から山頂にかけて縦に配置したような特殊で貴重な環境を持っています。

1993年 白神山地とともに日本で始めてユネスコの世界自然遺産に登録されました。
(登録されたのは、宮之浦岳など島の中央部の山々と西武林道付近の地域で島の約21%の面積)
また、2005年11月、ウミガメの産卵地である屋久島永田浜がラムサール条約の登録地となりました。

まぁ、学術的なことはともかく日常生活の中にヤクシカやヤクザルもいて、樹齢何千年もの屋久杉がひっそりと眠っている究極の自然を体験できる場所なのです。

ちなみに、屋久島は「ひと月に35日雨が降る。」と比喩されますが、実際にはそんなことはありません。
たしかに山の中では多いですが、人里ではいたって普通で、本土よりもまぁまぁ多いかな・・というくらいです。ただ、そこカーブを曲がったら快晴・・・とか、こっちは土砂降りの雨なのに島の反対側では快晴・・というようなヘンな天候の時も多々あって、そんなところでも自然の不思議を実感できるのではないかと思います。

あと、くっきりとした虹が見えることもありますし、僕の個人的な好みとしては下の写真のような「天使のはしご」が見える風景が好きです。


ヤクシカ ヤクザル
苔の森 天使のはしご
ページトップへ

どうですか?屋久島に行ってみたくなりましたか?(笑) では、 具体的に屋久島へのアクセス方法を紹介しましょう。

☆屋久島ってどこにあるの?

九州大隅半島の南約60kmのところに位置しています。
お隣には種子島や口永良部島があります。


大きな地図で見る


ページトップへ

☆屋久島までの交通機関

残念ながら、東京からの屋久島への飛行機直行便というのはありません。大阪伊丹空港や福岡空港から屋久島への直行便は一日一便あります。それ以外は鹿児島を目指し鹿児島から屋久島へ渡って下さい。

屋久島旅行って、やたら交通費が高くかかってしまいます。そこで、少しでも安く行ける手段を調べてお知らせしたいと思います。

↓ちなみに、これは高速船ロケットです。

高速船ロケット


アクセス
鹿児島〜屋久島間交通機関
羽田、成田〜鹿児島 (飛行機)
大阪〜鹿児島間交通機関
神戸〜鹿児島(飛行機)
大阪〜屋久島直行便(飛行機)
福岡〜屋久島直行便(飛行機)


☆縄文じいさんもイチオシ格安プラン
フェリーさんふらわぁ+志布志港→鹿児島市内高速シャトルバス+高速船で屋久島がセットで片道13300円〜、(時期によって価格変動があるようです。)
屋久島での滞在日数も変更可能だそうです。
詳しくはこちら↓
http://www.ferry-sunflower.co.jp/tour/tour_detail/20120223.html

☆JALの先得割引を利用するのであれば、関空→鹿児島空港→屋久島空港でピーチ+JALでも往復合計3万円以下で利用できる場合があります。


鹿児島〜屋久島間交通機関、アクセス

鹿児島港まで車でお越し頂いて、人だけでフェリー、高速船に乗るという手段もあります。
その際は、鹿児島港での駐車料金早見表を参考にして下さい。


羽田、成田〜鹿児島 飛行機(高速船、フェリーに乗り継ぐには、バス代に1200円が必要。)

  • 飛行機スカイマークエアライン)片道運賃 23190円 SKYバーゲン7290円〜
  • 飛行機JAL)往復割引での片道運賃 41290円〜 スーパー先得; 10290円〜
  • 飛行機ANA)往復割引での片道運賃 41290円 旅割; 10290円〜
  • 飛行機Jetstar)成田〜鹿児島:片道5990円〜

大阪、神戸〜鹿児島間交通機関、アクセス

  • 新幹線 新大阪駅〜鹿児島中央駅直通 片道21380円〜 3時間45分。
  • 高速バス近鉄バス)往復割引で 22400円。
  • 鹿児島空港から高速船、フェリーに乗り継ぐには、バス代1250円が必要です。
  • 飛行機(JAL)往復割引での片道運賃 28500円〜 スーパー先得; 9700円〜
  • 飛行機ANA)往復割引での片道運賃 28500円 旅割55; 9700円〜
  • 飛行機スカイマークエアライン)神戸〜鹿児島 片道運賃14000円 SKYバーゲン4500円〜
  • 格安航空 関空〜鹿児島Peach) 【ハッピーピーチ】4290円〜(片道)
                    【ハッピーピーチ プラス】6190円〜(片道)
  • さんふらわあ(株式会社さんふらわあ)
    大阪南港かもめフェリーターミナル〜志布志 フェリーターミナル。

    さんふらわあぁを利用した縄文じいさんもイチオシ格安プランもあります。
    フェリーさんふらわぁ+志布志港→鹿児島市内高速シャトルバス+高速船で屋久島がセットで片道13300円〜
    、(時期によって価格変動があるようです。)
    屋久島での滞在日数も変更可能だそうです。
    詳しくはこちら↓

    屋久島激安素ツアー


    Clubさんふらわあに入会すると、運賃が2割引になります。
    上記と併用はできないと思いますが、鹿児島まで車で行きたいという方にはお勧めです。
    会員証が届くまでに、かなり日数がかかるので、ご利用の方はお早めに入会しておくと良いでしょう。
    詳しくはこちら↓
    http://www.ferry-sunflower.co.jp/club/index.html

    Clubサンフラワーカード

  • 宮崎カーフェリー 片道運賃 繁忙期13970円 通常期12740円 往復割引で復路10%割引。マリンカード割引あり。
    大阪南港かもめフェリーターミナル〜宮崎フェリーターミナル
    JR宮崎〜JR鹿児島中央駅まで2000円くらい。フェリーを降りてからは、さんふらわあよりも便利かも。

    早割28を利用すれば、乗用車込みでも片道15000程度で行けるプランもあります。
    かなりお勧めです。詳細はこちら。↓
    http://www.miyazakicarferry.com/14_news/201412/index.html#furatto

    宮崎カーフェリー割引プラン


    往復割引ならさらにお得。※往復割引の販売は終了したようです。
    往復で25000円。(車1台1名)
    詳しくはこちら↓
    http://www.miyazakicarferry.com/14_news/201507/plan01.html

    宮崎カーフェリー往復割引

  • 自家用車高速道路を突っ走る! 数人での旅行の場合、これが一番安いでしょう。鹿児島港に有料駐車場もあります。
    普通車で片道高速料金 17900円 軽自動車で 14300円 距離900km弱
    ETCを装着して、平日深夜割引(最大30%OFF)、休日割引(最大30%OFF)がおトク。詳しくはコチラ
  • あっ、青春18切符を忘れてた。

神戸〜鹿児島



屋久島への飛行機直行便

  • 大阪(伊丹空港)〜屋久島 飛行機(JAL)往復割引での片道運賃 32000円 先得;21300円
  • 福岡〜屋久島 飛行機(JAC)往復割引での片道運賃 21900円 先得;15200円

☆フェリー屋久島2が出港して行きます。数名での旅行の場合、自家用車で鹿児島港まで来て、
フェリーに乗り継げば 安上がりですよ。鹿児島港には有料駐車場があります。


フェリー屋久島2

時間のない方は飛行機を乗り継ぐしかないですね。

大阪〜屋久島直行便


ページトップへ

☆屋久島に到着してからの交通手段

これがなかなかやっかいで、車がないととても不便です。
バスは宮之浦から安房方向へは、一時間に一本、宮之浦から永田方面へは二時間に一本の便しか無いと考えた方良いでしょう。しかも乗り継ぎが異常に悪いです。
バスを利用する方は、その辺を考慮して 移動の予定を考えてください。
あとでがっかりしないよう、 観光スポットでありながら行けない場所も多々あるということも知っておいた方がよいでしょう。

ということで、考えられる交通手段は下記ですが、レンタカーが一番便利で屋久島を満喫できると思います。
しかしながら、一人旅の人にとってはやっぱりお金が高くついてしまうんですよね。
レンタサイクルもありますが、屋久島の道路はアップダウンが多いので結構きついと思います。
夏場の自転車での遠出はあまりおすすめできません。(余計なお世話か・・・)
下記の交通手段については、観光協会のサイトが参考になると思います。

  • レンタカー
  • バス
  • タクシー
  • レンタサイクル
  • レンンタバイク
  • 徒歩
  • ヒッチハイク
  • フェリーにて自家用車ごと入島
屋久島


では、屋久島でお会いしましょう。 

ページトップへ
スポンサーサイト


スポンサーサイト

屋久島おもしろ情報

↓クリックすると大きい画像が見られます。
郵便局の窓口で、「風景印を押して下さい。」と言うと、屋久島オリジナルの消印を押してもらえますよ。


このサイトを作ったのは、アトリエ縄文じいさんのうえだまさのぶです。
↓こんな絵を描いています。クリックすると本家サイトに移動します。
黄色の空と縄文じいさん

屋久島にお越しの際は、アトリエ縄文じいさんにも遊びに来て下さい。
アトリエ縄文じいさん

お土産には縄文じいさんグッズを宜しくお願い致します。(*^^)v
縄文じいさんグッズ

Blu-ray作品集もあります。


スポンサーサイト

 
 

屋久島観光情報/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 屋久島の観光スポット/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 屋久島の観光施設/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん 屋久島のお土産屋さん/屋久島アートのアトリエ縄文じいさん
(c)MASANOBU UEDA 2004 allrights reserved